大浴場で熱闘!「城の湯」でプロレスイベント 熊本市

熊本日日新聞 | 2022年5月30日 18:04

大浴場の浴槽で技を掛け合うプロレス選手ら=熊本市西区

 温泉施設でプロレスの〝熱闘〟を繰り広げるイベントが29日夜、熊本市西区の「城の湯」で開かれ、レスラーが相手選手を大浴場の浴槽に投げ入れたり、観客にお湯をかけたりして、会場は熱気に包まれた。

 城の湯は2月に大浴場や宿泊・宴会施設を閉鎖し、現在は家族湯のみ営業。温泉をPRしようと、「DDTプロレスリング」(東京)を招待して開催した。今回で3回目。

 DDT所属の納谷幸男選手ら計4人が出場。ゴングが鳴ると、4選手は宿泊所や宴会場、大浴場がある2~4階で大暴れ。館内には「オラオラオラオラ!」「どこ行った!」などと怒号が響き渡り、浴槽に向かって跳び蹴りや投げ技を繰り出した。

 観客は縦横無尽に動き回る選手について行きながら間近で観戦。プロレスファンという宇城市の公務員の男性(49)は「迫力がすごかった。選手たちのやりとりも、とても面白かった」と興奮した様子だった。

 動画は、プロレス動画配信サービス「レッスルユニバース」で近く配信予定。城の湯の取締役部長、大津雄一さん(32)は「大浴場は閉まったが、家族湯は元気に営業していることを知ってほしい」と話している。(米本充宏)

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube