子猫の命、守り続けて7年 熊本市・ミルクボランティア制度 年20~30匹一時預かり

熊本日日新聞 | 2022年5月23日 12:04

image

 生後1カ月未満の赤ちゃん猫を約1カ月間預かり、授乳や排せつの世話をして育てる「ミルクボランティア」。熊本市動物愛護センター(東区小山)が2015年度から始めた制度で、子猫の命を守る欠かせない存在になっている。  猫の殺処分件数は全国的に...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 736字(全文 856字)

ランキング

イベント情報