五輪で輝け 県教委が有望選手支援 バド山口ら30人選出

熊本日日新聞 | 2022年5月19日 10:22

 県教育委員会は18日、「くまもとワールドアスリート事業」の対象に、バドミントンの山口茜(再春館製薬所)ら30人を選出した。国際大会などで活躍が期待される県関係有望選手に対し、遠征や用具の費用を支援する。事業費1199万円。  山口ら強化...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 141字(全文 261字)

ランキング

イベント情報