国産米粉、高騰小麦の代役 パン、麺類に用途拡大 価格差縮小で注目 県内

熊本日日新聞 | 2022年5月17日 13:11

image

 ロシアのウクライナ侵攻を背景に輸入小麦の価格が高騰する中、国産米粉への注目が熊本県内でも高まっている。パンや麺類に用途が広がり、アレルギーの要因となるグルテンを含まない特性もあって米粉の需要は年々増加。小麦高騰を受けてさらに加速する可能性...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1066字(全文 1186字)

ランキング

イベント情報