校則を見直し 人権考える〝教材〟 熊本市内の県立高、生徒会で議論「責任感増した」

熊本日日新聞 | 2022年5月3日 12:00

 今春、校則を見直し、規定を緩和した熊本市内の県立高では、生徒たちから「責任感が増した」という声が上がる。専門家は「校則見直しは、日本国憲法の基本原理である基本的人権の尊重と、日本も批准している子どもの権利条約に基づいて検討することが大原則...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 943字(全文 1063字)

熊本のニュース記事一覧

ランキング

イベント情報