巫女の衣装合わせ、新年迎える準備 熊本市の加藤神社

熊本日日新聞 | 2021年12月05日 18:53

初詣客を迎えるため、巫女の衣装合わせをする高校生ら=熊本市中央区

 熊本市中央区の加藤神社(湯田崇弘宮司)で5日、初詣客を迎える巫女[みこ]の衣装合わせがあり、高校生や大学生らが白衣と緋[ひ]ばかまを試着した。

 正月に合わせて臨時で募集した65人のうち、53人が参加。はかまのひもの結び方や、白衣の正しい着方などを同神社の巫女から学びながら、衣装をまとった。

 初めて参加する必由館高2年の女子生徒は「思っていたより簡単に着られて安心した。実際に働くお正月が楽しみです」と笑顔だった。

 同神社は正月三が日で、例年約45万人が訪れる。権禰宜[ごんねぎ]の西山敬重さん(30)は「心新たに気持ち良く新年を迎えてもらうため、準備を進めている。ぜひ初詣に訪れてほしい」と話した。(鬼束実里)

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube