冷凍餃子の自販機登場 上天草市姫戸町の国道沿い

熊本日日新聞 | 2021年11月28日 11:40

姫戸町の国道沿いにお目見えした冷凍餃子の自販機=上天草市

 熊本県上天草市姫戸町姫浦の国道266号沿いに、味付き冷凍餃子[ぎょうざ]の自動販売機がお目見えした。新型コロナウイルス禍の中、各地で食品の自販機は増えつつあるが、同市内では珍しい。

 熊日姫戸販売センター店主の加藤総将さん(53)が、センター前に設置。熊本市西区の餃子工房「タイガフーズ」の山田典充社長(53)との縁で、販路拡大と、24時間販売で外食控えの食生活に応える狙い。

 商品は同社の「ばってん餃子」で、プレーン、ピリ辛のレギュラー、極辛の計3種。プレーンとレギュラーは1パックが18個入りで700円、期間限定という極辛は15個入りで千円。キャベツやニンニクなど具材は国産で、しっかりと味付けされており、タレを使わずに、おいしく食べられるのが特長という。

 加藤さんは「仕事帰りなどに買って、ぜひ食卓で味わって」と話している。(松冨浩之)

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube