アライグマ、熊本市で2匹捕獲 特定外来生物 「目撃しても近づかないで」

熊本日日新聞 | 2021年10月22日 20:06

熊本市西区河内町岳で捕獲されたアライグマ(同市提供)

 熊本市は22日、西区河内町岳と北区和泉町の山中に設置した箱わなで、特定外来生物のアライグマ2匹を捕獲し、殺処分したと発表した。同市での捕獲は9匹、県内では9月現在、死亡例を含め73匹を捕獲している。

 市によると、河内町岳で21日に捕獲したアライグマは全長89センチ、体重6・75キロの雄。和泉町で22日に捕獲したのは全長82センチ、体重4・45キロの雄。現場周辺で足跡などが確認されたため、市が10月1日に箱わなを1基ずつ設置していた。引き続き自動撮影カメラによる生息調査や箱わなによる捕獲を継続する。

 市環境共生課は「アライグマを目撃してもむやみに近づかず、写真や動画を撮影して連絡してほしい」と呼び掛けている。同課TEL096(328)2352。(久保田尚之)

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube