穏やかな最期を迎えるために

本庄内科病院長・本庄弘次さん

熊本日日新聞 | 2019年4月26日 00:00

image

 医学部卒業後の研修を終えた直後、開業医だった父が亡くなった。1989(平成元)年にいきなり病院を継ぎ、今年で31年目になる。  父は私の結婚式への出席もできなかった。私は式前、ウエディングドレス姿の妻を伴い病室へ押し掛け、記念撮影をした...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 735字(全文 855字)

ランキング

イベント情報