酷暑日「クーリングシェルター」に避難を 熱中症警戒、熊本の自治体でも公共・民間施設の指定へ

熊本日日新聞 2024年5月21日 22:59
熊本市がクーリングシェルターに指定する予定の五福公民館=14日、熊本市中央区
熊本市がクーリングシェルターに指定する予定の五福公民館=14日、熊本市中央区

 熱中症に注意が必要な季節になった。環境省は今年から、危険な暑さに備えを促す「熱中症特別警戒アラート」の運用を始めた。冷房が効き、誰でも駆け込める指定暑熱避難施設(クーリングシェルター)の開設も市区町村に促している。浸透はこれからとみられるが、熊本県内の自治体でも登録の動きがある。

 「特別アラート」は気温や日射量などから算出する「暑さ指数」が、都道府県内の全地点で35以上になると予想される場合、前日午後2時ごろ発表し、健康を守るための行動を促す。暑さ指数33以上の予想に基づく「熱中症警戒アラート」の上位に設けた。今年は10月23日まで運用する。

 クーリングシェルターは改正気候変動適応法に基づき、市区町村に公共施設のほか、店舗など民間施設の指定を促している。熊本県によると、県内の状況は把握していないが、指定を進めている自治体もある。

 天草市は支所や資料館、コミュニティセンターなど市内10地区の計75カ所を指定し、今月13日に公表した。市は既に2013年度から6~9月の3カ月間、市施設を夏場の一時休憩施設として開放しており、アラート発表にかかわらず利用できる。市の担当者は「暑さを感じたら気兼ねなく涼んでほしい」と話す。

 宇土市は市役所1階の市民交流スペースをクーリングシェルターに指定した。

 熊本市は23年度、区役所やまちづくりセンターなど市の26施設を熱中症対策で利用できるようにした。今年はこれらをクーリングシェルターに登録する準備を進めている。施設の収容人数や利用できる時間を取りまとめ、6月上旬にも市のホームページや公式SNSで公表する予定だ。

 「熱中症は命に危険を及ぼすという意識を持ち、アラートにかかわらず、クーリングシェルターを利用してほしい」と市健康づくり推進課。ただ、施設の休館日は利用できないため、「商業施設など民間にも協力をお願いしたい」と話している。(清水咲彩)

指定された施設に貼られる「クーリングシェルター・マーク」。各市区町村が自由に色付けできる(環境省提供)
指定された施設に貼られる「クーリングシェルター・マーク」。各市区町村が自由に色付けできる(環境省提供)

 ◆相次ぐ救急搬送、県内では死亡者も

 5月に入り、熱中症(疑い含む)で救急搬送される人が相次ぎ、熊本県内では死亡者も出ている。暑さが本格化する夏場を前に、熊本市消防局は「徐々に体を暑さに慣らしてほしい」と順応を呼びかけている。

 総務省消防庁の速報値では、4月29日~5月12日の2週間に熱中症で救急搬送されたのは県内で17人で、このうち死亡は1人。県と有明広域消防本部によると5月3日午後、荒尾市の80代女性が畑で意識を失って倒れているのが見つかり、搬送後に死亡した。

 気象庁が16日発表した向こう1カ月予報によると、暖かい空気が流れ込みやすく、全国的に高温となる。特に期間前半は気温がかなり高くなる見込みという。

 市消防局救急課は「日常生活で汗をかき、次第に体を慣らすことが大切。農作業などで暑さに慣れている人も、体調次第で熱中症になることもある。こまめに水分補給してほしい」と呼びかける。(清水咲彩)

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
熊本のニュース