「長生炭鉱」水没82年で追悼式 朝鮮人含む183人が犠牲

共同通信 2024年2月3日 16:37
 長生炭鉱水没事故の追悼式=3日午前、山口県宇部市
 長生炭鉱水没事故の追悼式=3日午前、山口県宇部市
 長生炭鉱水没事故の追悼式に参加した遺族ら=3日午前、山口県宇部市
 長生炭鉱水没事故の追悼式に参加した遺族ら=3日午前、山口県宇部市

 山口県宇部市沖の「長生炭鉱」で、朝鮮人を含む183人が犠牲になった海底坑道の水没事故から82年となる3日、近くで追悼式が開かれた。県内の中学生や韓国の犠牲者遺族ら約130人が参加。主催した地元の市民団体「長生炭鉱の水非常を歴史に刻む会」の井上洋子共同代表(73)は、遺骨発掘に向けた調査のため「今年中に坑口を開ける決意だ」と話した。

 事故は1942年2月3日午前、坑口から約1キロの沖合で発生。海水が流れ込み、朝鮮人136人と広島や沖縄出身などの日本人47人が死亡し、遺骨は今も海底にある。

 参加者は小雨が降る中、刻む会が建立した追悼碑に黙とう、献花した。韓国遺族会の楊玄会長(76)はあいさつで、日本政府に対し「積極的な科学的探査をすれば遺骨発掘は可能だ」と述べ、「遺骨収集は日韓が発展的な未来に向かうため重要なことだ」と訴えた。

 中学2年縄田志歩さん(14)と吉松奏水さん(13)は取材に「遺骨を早く遺族に返したい。日本政府は調査をしてほしい」と話した。

KUMANICHIPICK

くまにちレコメンド
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
全国のニュース 「社会」記事一覧