球磨村の「危機的集落」、豪雨災害後3倍に 人口減少に拍車 熊本学園大・鈴木氏調査

熊本日日新聞 | 2023年12月8日 21:45

image

 2020年7月の熊本豪雨で大きな被害を受けた球磨村で、「限界集落」よりもさらに深刻な「危機的集落」が、全79集落のうち13集落となり、災害前の約3倍に増えたことが、熊本学園大の鈴木康夫特任准教授(69)=農村地理学=の調査で分かった。従来...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 679字(全文 799字)

KUMANICHI レコメンド

ランキング

お出かけ情報