脱炭素社会へ林業に注目 県内、森林整備進め二酸化炭素削減 排出・吸収量売買で官民連携も

熊本日日新聞 | 2023年12月4日 06:05

image

 世界的に「脱炭素社会」の取り組みが加速する中、森林整備を通じて二酸化炭素(CO2)の吸収量を増やす林業に改めて注目が集まっている。熊本県内でも排出・削減量を売買する制度を活用して民間事業者と自治体が連携する先進例が出ているほか、老木より吸...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1438字(全文 1558字)

KUMANICHI レコメンド

熊本の経済

ランキング

お出かけ情報