(35)ついに描き上げた応募作

マンガ家 とり・みき「ナカグロへの道」

熊本日日新聞 | 2023年5月26日 05:00

image

 小松左京研究会の集まりはとても楽しく、また活動もやりがいがあったが、もちろん経済的な生産行為ではない。おまけに授業にもろくに出ていなかったから将来の見通しはあいかわらず立たなかった。バイトもやったが、どうにも定時に満員電車で通うタイプの仕...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 841字(全文 961字)

KUMANICHI レコメンド

ランキング

お出かけ情報