拉致被害者家族の20年

熊本日日新聞 | 2022年11月9日 07:00

 「拉致問題」と聞いて私が思い出すのは、飛行機のタラップを下りる5人が一斉にフラッシュを浴びる光景だ。当時は小学3年生。20年を経て、拉致被害者家族をじっくり取材する機会を得た。先月、家族会などが開く集会に出席するため上京した齊藤文代さん(...

この記事は会員限定です。熊日IDに登録すると続きをお読みいただけます。

残り 609字(全文 729字)

ランキング

イベント情報