現場で得たもの

熊本日日新聞 | 2022年10月22日 07:00

 6月、3年ぶりに長野県で開かれたハンセン病市民学会に参加した。学会では、二つの分科会を取材。そのうち、ハンセン病家族訴訟の原告が登壇した分科会では、進行役を務めた私立中高教員の相川翼さん(33)=東京=と事前に話ができた。  撮影や取材...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 590字(全文 710字)

ランキング

イベント情報