頂点の華やかさと裾野の憂い

熊本日日新聞 | 2022年9月27日 07:00

 8月下旬、東京体育館で開かれたバドミントン世界選手権を取材した。息をのむ激戦を制し、県勢の山口茜選手(再春館製薬所)が2連覇を決めた瞬間は、思わず大きくガッツポーズをしてしまった。会場には大勢の観客が詰めかけ、バドミントンが日本でも人気競...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 607字(全文 727字)

ランキング

イベント情報