見えない「最重要課題」

熊本日日新聞 | 2022年9月14日 07:00

 「水俣病は引き続き県政の最重要課題で、認定審査の促進はその根本を成すもの」。5月15日、蒲島郁夫知事は2022年度最初の県水俣病認定審査会で、委員に呼びかけた。この日は県内外の20人を審査。1カ月後、全員が棄却された。  13年の最...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 600字(全文 720字)

ランキング

イベント情報