コロナ患者急増、医療逼迫「綱渡り」 熊本市は病床稼働率9割超 

熊本日日新聞 | 2021年1月15日 07:50

image

 新型コロナウイルス感染者の急増で、熊本県内の医療体制が逼迫[ひっぱく]している。熊本市の病床稼働率は9割を超え、重症者の治療を担う医療機関では、空けたベッドがすぐ埋まる綱渡りの状態に。現場の医師らは「命の選別をせざるを得ない状況が近い」と...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1160字(全文 1280字)

ランキング

イベント情報