<射程>主権者教育と校則

熊本日日新聞 | 2023年3月24日 07:00

 校則に問題があれば子どもたちが見直しを提案し、学校側と話し合って改善を図る。あるいは新しく作る。そうすれば学校という「社会」の一員として、より良い社会をつくったことを実感できる。  人権尊重の観点から不合理な校則を見直そうという動きの後...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 610字(全文 730字)

ランキング

イベント情報