<社説>強制不妊熊本訴訟 国は賠償責任を免れない

熊本日日新聞 | 2023年1月24日 07:00

 障害者らに不妊手術を強いた旧優生保護法は憲法に反し、国は被害者に賠償する責任を負う-。明快でまっとうな司法判断である。  熊本県内の2人が国に損害賠償を求めた訴訟の判決で、熊本地裁は旧法を違憲と認め、請求の一部計2200万円の支払いを国...

この記事は会員限定です。熊日IDに登録すると続きをお読みいただけます。

残り 779字(全文 899字)

ランキング

イベント情報