<新生面>言いたい放題

熊本日日新聞 | 2023年1月21日 07:00

image

 先日、ふと思い立って森鷗外の長編小説『青年』を読み返してみた。鷗外が夏目漱石の『三四郎』に刺激を受けて書いたとされる作品である▼その中にこんなやりとりが出てくる。友人との会話が弾んで愉快だ、と主人公がほほ笑むと、友人は言う。「いちいちの詞...

この記事は会員限定です。熊日IDに登録すると続きをお読みいただけます。

残り 508字(全文 628字)

ランキング

イベント情報