菊池事件死刑60年 看過できない違憲手続き

熊本日日新聞 | 2022年9月20日 07:00

 ハンセン病とされた男性が隔離施設の事実上非公開の特別法廷で殺人罪の審理をされ、無実を訴えながら死刑判決を受けた「菊池事件」は今月14日、1962年の刑執行から60年となった。冤罪[えんざい]を訴える弁護団や支援者が再審開始を求めて活動を続...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 751字(全文 871字)

ランキング

イベント情報