手を抜かない清正公

熊本日日新聞 | 2022年9月10日 07:00

 1603(慶長8)年は、加藤清正にとって節目の年だった。肥後一国の領有に続き、「肥後[ひごの]守[かみ]」の官位を得て、名実ともに国持ち大名としての地位を手に入れた。1588(天正16)年の肥後入国から15年越しの出世だった。  しかし...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 650字(全文 770字)

ランキング

イベント情報