災害の備え、ゴミ問題にも 東京大大学院准教授 開沼博

熊本日日新聞 | 2022年8月7日 07:00

image

 東日本大震災に比べて16倍と5倍--。これは南海トラフ巨大地震と首都直下地震で発生する可能性がある災害廃棄物の推定量だ。東日本大震災直後、その膨大な災害廃棄物の処理には、被災地域の中だけで対応すれば少なくとも10年以上かかるとも言われた。...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1541字(全文 1661字)

ランキング

イベント情報