(46)臨地調査 現れる過去の想念

思想史家・京都大名誉教授 山室信一「熊本発 アジアの時空を歩く」

熊本日日新聞 | 2021年09月16日 09:08

image

 文化人類学では野外調査や臨地調査などと訳されるフィールドワークが重視される。だが、歴史学では時間を隔てて現地に行くことは史料調査以外に意味...

プレミアム会員限定コンテンツです

プレミアム会員の方はログインしてください

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube