【射程】「なかったこと」ではない

熊本日日新聞 | 2023年12月8日 05:00

image

 『戦争はなかった』という短編小説がある。14歳で終戦を迎えた作家小松左京さんが、高度成長期の1968年に発表した作品だ。  小松さんと同世代の主人公はある日、自分以外の全ての人間から太平洋戦争の記憶が消えているのに気付く。戦争はなかった...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 653字(全文 773字)

KUMANICHI レコメンド

ランキング

お出かけ情報