田代 智也( 総務局経理部|2019年入社)

Q 現在のお仕事の内容を教えてください
現金の管理と支出をチェックする「出納」の仕事をしています。支出は社員の出張旅費や消耗品費、機械の補修費など内容はさまざまです。私は入社してから簿記の勉強を始め、実務を学びながら勉強を続けています。今の仕事に必要な知識はほとんどこの1年で学びました。現場に寄り添う対応を目指す毎日です。
Q 仕事をする上で心掛けていることは何ですか
分からないことをそのままにしない」です。入社したばかりのころは、編集や営業の先輩に問い合わせの電話を一本入れるのにも勇気が必要でした。しかし、遠慮していては分からないままですし、勝手な判断でしなくていい失敗をしてしまうこともあります。「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」。自らの仕事に責任を持つ上でも、分からないことを学んで身に付けていくことが大切だと考えています。
Q 関わった仕事で一番印象に残っていることを教えてください
初めて一人で業務を行った日のことです。銀行の対応から伝票の処理、相談への対応まですべてが私の責任です。私の判断が間違っていたら会社に迷惑をかけることになるかもしれない、という緊張から、慣れている業務も何度も確認した記憶があります。現在はそれほど緊張する場面はなくなりましたが、時にはあの日に感じたことや緊張感を思い出し、初心を忘れずにいたいと思います。
Q 就活時代にやって良かったことは何でしたか
身内以外の大人と話すことです。私の場合は、共にイベントを運営していた大学近くに住む方々です。人生で最も自らを見つめるこの期間に、客観的な意見をもらえる場はそう多くありません。面接官や会社に自分のことを伝えるためにも大切な時間だったと感じています。