熊日のさまざまなメディア

そして紙だけではなく様々なメディアがタイムリーに情報をお届けします。

くまにちコム

県内最大級のアクセスを誇るニュースサイト「くまにちコム」

毎月約17万人がアクセスする熊日のホームページ「 くまにちコム」。より早く、信頼性の高い最新情報を発信しています。熊本のニュースはもちろん、全国ニュース、地域の話題・イベント、サッカーJ2ロアッソ熊本や高校総体など県内スポーツ情報、医療情報などコンテンツも充実しています。県兄最大のニュースサイトであるとともに、熊本を知るポータルサイトとも言えます。

くまにち すぱいす

「きちんと伝わる」生活情報紙

すぱいすは、お客様の情報を「きちんと伝える」ことに、可能な限り手間とコストをかけて取り組んでいます。 お客様と打ち合わせを重ね、一つ一つ表現を吟味し、作り上げる記事体広告。 配信を使わず作り上げる地元オリジナルの特集や記事コンテンツ。 毎週毎週、実施とチェックを繰り返し、精度向上に取り組むデリバリー。 真面目に、きちんと、丁寧に。 読者の皆さんからも、お店の方からもうれしい反響をいただいています。

303,000部発行!

熊本市世帯カバー率役85%!「くまにち すぱいす」は、熊本市とその近隣地域に303,000部を配布。新聞配達で培われたノウハウと仕組みで、熊日読者に限らずエリア内居住世帯に丁寧に個別ポスティングされます。熊本市における世帯カバー率は84.9%、もちろんNo.1のフリーペーパーです。

くまTomo

くまTomo

小中学生新聞「くまTomo」は毎週土・日の朝刊と、金曜の夕刊の計5ページで展開。池上彰さんによる分かりやすいニュース解説や注目トピックを英語で振り返るコーナー、あこがれの職業や身近な生き物、県内の外国人家族を紹介する記事など、子どもたちの「知りたい」に答える内容が満載です。子ども向けのクロスワードや、紙面に掲載された写真をイラスト化した間違い探しなど、気軽にチャレンジできるコンテンツは、親や祖父母世代の読者にも親しまれています。

県内の小中学生814人(2017年5月末現在)が「くまTomoサポーター」に登録。身近な話題や体験を記事と写真でリポートしたり、アンケートに協力したりすることで、紙面作りに貢献してくれています。保護者からは「毎週土日を楽しみにしている。新聞を読むようになった」「『くまTomoに書いてあるよ』と話すと、話題にのってくれる」「写真や絵が多く、大きな字で読み仮名がふってあるので読みやすい」などの声が上がっています。