細川護熙 美の世界 薬師寺奉納障壁画展

9月8日 09:23

 熊本県知事、内閣総理大臣を歴任された細川護熙氏は絵画や陶芸など創作活動にも取り組まれています。本展は2019年に薬師寺に奉納される障壁画の一部を、一足早く紹介すると共に、陶芸作品の中から初公開の4作品を同時展示します。

【会期】 10月6日(土)~11月18日(日)。月曜休館。
ただし、10月8日(月・祝)は開館し、翌9日(火)休館。
【会場】 県立美術館本館別棟展示室(熊本市中央区二の丸2)
【観覧料】 一般700円(500円)、大学生500円(400円)。
※高校生以下と障害者手帳をお持ちの方は無料。かっこ内は前売り料金と20人以上の団体料金。
【前売り券】 熊日プレイガイド、熊本県立美術館本館で販売。熊日販売センターでも受け付けます。
お問い合わせは、熊日事業部TEL096(361)3383。

主催 熊本日日新聞社 
共催 熊本県立美術館、永青文庫 
協力 九曜アートプロジェクト 
後援 熊本県文化協会 
協賛 鶴屋百貨店、出水神社