魔都の鼓動 上海現代アートシーンのダイナミズム

9月1日 09:35

 中国随一の経済都市である上海は近年、文化芸術の面でも急激な発展を遂げています。本展では、現在の上海のアートシーンが成立するまでに歴史的に大きな役割を果たした巨匠から、若手作家までの13組を紹介。国内外で大きな注目を集めるメディア・アーティストと熊本市現代美術館とのコラボレーション企画による特撮映像も発表します。

【会期】 9月22日(土)~11月25日(日)。火曜日休館。
【会場】 熊本市現代美術館(熊本市中央区上通町)
【主な関連イベント】
▽オープニングトーク 出展作家6人、9月22日(土)14時
▽スペシャルギャラリーツアー 佐々木玄太郎氏(同館学芸員)、同29日(土)15時、いずれも展覧会場内は要チケット▽講演会 「上海局面:都市空間、現代美術、観衆」ワン・イーチュエン氏(アーティスト・キュレーター)、10月7日(日)14時、聴講無料。
【観覧料】 一般1000円(800円)、65歳以上800円(600円)、学生500円(400円)、中学生以下無料。※かっこ内は前売り、20人以上の団体、障害者手帳をお持ちの方の料金。
【問い合わせ】 熊本市現代美術館TEL096(278)7500。

主催 熊本市現代美術館、熊本日日新聞社、TKUテレビ熊本