くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のニュース > 昨年は高温多雨 県内平均気温、史上2番目


地域ニュース

昨年は高温多雨 県内平均気温、史上2番目 2017年01月06日

昨年は高温多雨 県内平均気温、史上2番目の写真、図解
2016年の県内4カ所の観測データ
 2016年の県内は、主な観測地点4カ所の年平均気温がいずれも観測史上2番目の高さになるなど記録的な高温となり、雨量も多かったことが熊本地方気象台のまとめで分かった。

 同気象台は理由について、「エルニーニョ現象によって地球全体が高温だった。県内では6月の豪雨や8月の猛暑、秋雨前線の活発化、暖冬が重なった」と説明している。

 熊本市の年平均気温は平年を1・1度上回る18・0度。他の3地点も平年より0・9~1・2度高く、阿蘇市乙姫14・1度、人吉市16・7度、天草市牛深18・9度だった。

 4地点の年降水量は平年より25~32%多め。熊本市2504・0ミリ、阿蘇市乙姫3707・5ミリ、人吉市3162・0ミリ、天草市牛深2482・5ミリとなった。

 九州北部地方の向こう3カ月は、気温は平年より高め、降水量は平年並みの確率がいずれも最も高いという。(石貫謹也)


熊本のニュース記事一覧



個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun