憲法って何? 熊本大と熊日が共同企画

企画 2018年6月16日スタート
憲法が持つ意味や役割などについて討論する大日方信春教授のゼミ=熊本大

 熊本大法学部の大日方(おびなた)信春教授の憲法ゼミと熊日が共同で、日本国憲法の意味を考える年間企画をスタートさせます。

 中央政界では、憲法改正の議論が活発化しています。自民党は、戦力不保持を定めた9条への「自衛隊」明記を柱とする4項目の改正条文案をまとめました。国会勢力は衆参院とも「改憲派」が発議に必要な3分の2を上回っており、国民投票で県民がその是非を判断する日が訪れるかもしれません。


 憲法は、国家の在り方を定め、私たちの社会基盤を支える重要なものですが、普段はどこか縁遠い存在です。企画では「立憲主義とは」「暮らしとの関わりは」「条文に書き込む意味は」といった素朴な疑問について、学生の討論を通して解きほぐします。毎月第3土曜に掲載、1ページを使って憲法を分かりやすく伝えていきます。

連載「熊本大法学部ゼミ・熊日共同企画」