東京五輪プレ企画「くまもと五輪物語」 歴代の県出身選手にインタビュー 12日から毎週金曜掲載

連載
北京五輪の陸上男子400㍍リレーで銀メダルを獲得した日本チームのメンバー。左から2人目が末續慎吾さん=2008年8月、北京

 2020年7月の東京五輪開幕までいよいよ1年余り。熊日では五輪プレ企画として、過去の大会に出場した県出身のメダリストなどを取材し、競技生活や五輪への思いを語ってもらう連載「くまもと五輪物語」を12日にスタートさせます。毎週金曜掲載です。


 陸上、水泳、バドミントン、柔道、野球など各種競技で活躍した25人の県出身アスリートを熊日記者がインタビュー。1970年代のミュンヘンをはじめ、シドニーやアテネ、ロンドン大会など五輪にまつわる思い出やその後の競技生活、近況などをじっくり聞きます。


 12日の初回はプロローグ編として、五輪に出場した歴代の県出身選手の一覧を掲載。19日の最初のインタビューで登場するのは、2008年北京五輪陸上男子400メートルリレーで銀メダルを獲得した熊本市出身の末續慎吾さんです。合わせて各県のメダリストたちを取り上げる「わが街オリンピアン」もスタートします。