夏の甲子園(全国高校野球選手権)熊本大会が7日開幕 熱戦を詳報、4日付で特集も

連載
熊本工を下して35年ぶりの優勝を果たし、喜びを爆発させる東海大星翔ナイン=昨年7月22日、熊本市のリブワーク藤崎台球場

 第101回全国高校野球選手権熊本大会が7月7日に開幕します。今年は58チーム(59校)が出場し、リブワーク藤崎台球場などで球児たちが甲子園を目指して熱戦を繰り広げます。


 昨年は東海大星翔が前身の東海大二を含め35年ぶり2度目の甲子園出場を果たしました。今年の優勝争いは、昨秋の熊本大会とRKK旗を制した国府、今春の全国選抜大会に出場した熊本西、春の熊本大会優勝の球磨工、NHK旗を制した秀岳館などを中心に混戦が予想されます。


 熊日は1回戦から決勝までの試合を記事と写真で詳報します。4日付の開幕直前特集面で、出場チームの戦力や主将の抱負などを紹介します。