教えます紙面づくり 熊日PTA新聞講習会始まる

5月18日 09:22

学校の広報担当者らに新聞づくりのポイントを伝える熊日読者・NIEセンターの新美健専門委員(右)=17日、熊本市の熊日本社

 「熊日PTA新聞・広報紙づくり講習会」が17日、熊本市中央区の熊日本社を皮切りに始まった。6月8日まで県内13会場を巡回する。県PTA連合会、熊日などが主催。

 39回目となるこの日は、学校の広報委員や企業の担当者ら約60人が受講。熊日読者・NIEセンターの新美健専門委員が、取材方法や記事の書き方、レイアウトのこつなどを説明した。

 新美委員は「記事は伝えたいことを最初に書く逆三角形型に。写真は編集しやすいよう角度や構図を変えて撮る」と助言。撮影トラブルを防ぐ対処法なども紹介した。受講者は熱心にメモを取っていた。

 参加した合志南小の広報委員、平原加奈子さん(32)は「見出しは記事内容を短い字数で伝え、読みたくなるようにつけることが大事だと分かった」と話していた。

 講習会は資料代500円。詳細や参加希望は熊日事業センターTEL096(361)3366。(魚住有佳)