イラクのテロ、ISが犯行声明

18年以来、近年最悪の被害か

共同通信 | 01月22日 15:15

 【カイロ共同】イラクの首都バグダッドで21日に発生し、少なくとも32人が死亡、100人以上が負傷した2回の自爆テロで、過激派組織「イスラム国」(IS)は22日未明、系列ニュースサイトで双方の犯行を主張する声明を出した。

 イラク政府は2017年12月にISに勝利宣言。バグダッドでは18年1月に30人以上が死亡する自爆テロが起きたが、その後の治安は改善傾向にあり、今回のテロは近年で最悪の被害とみられる。

 今年3月にイラクを訪問予定のローマ教皇フランシスコや、国連のグテレス事務総長らが犯行を非難した。

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note