池江、100m自由形も優勝

リレー2種目で五輪代表に

共同通信 | 04月08日 19:12

 女子100メートル自由形で優勝し、メダルを手に笑顔の池江璃花子=東京アクアティクスセンター
 女子100メートル自由形で優勝し、メダルを手に笑顔の池江璃花子=東京アクアティクスセンター

 白血病から復帰し、東京五輪代表に決まった競泳女子の池江璃花子(20)=ルネサンス=が8日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで開かれた日本選手権の女子100m自由形を53秒98で制し、日本水泳連盟の選考基準をクリアして400mリレーでも五輪代表入りした。

 リレー2種目で代表権を獲得し「楽しみながらリレーチームを引っ張っていけたら」と、主力としての決意を口にした。

 池江は4日の100mバタフライで57秒77の1位となり、400mメドレーリレーの選考基準を満たした。今大会は非五輪種目の50mバタフライを含む4種目に登録しているが、早くも2冠を達成した。

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note