熊本市のクラスターで4人死亡 新型コロナ、県内の新規感染22人

熊本日日新聞 | 01月03日 20:07

 熊本市は3日、新型コロナウイルスに感染した市内の男女計4人が同日死亡したと発表した。県内の感染者の死亡は計22人となり、1日で4人死亡は過去最多。県と熊本市は3日、新たに22人(熊本市13、宇土市、八代市各2、菊池市、菊陽町、荒尾市、東京都、山口県各1)の感染を確認したと発表。県内での感染者は1952人(うち熊本市1139人)となった。

 死亡した4人は、いずれもクラスター(感染者集団)が発生した南区の介護老人保健施設「白藤苑」の入所・利用者で、死者は計6人となった。4人は80代の男性2人と90代の女性1人のほか、遺族の同意が得られないとして年代非公表の女性1人。2日に陽性が判明した同苑の入所者は100歳代の男性で、新たに3日、40代と50代の女性職員2人の感染も判明。クラスターは計82人(入所・利用者59、職員23)となった。

 宇土市の80代女性と山口県の60代の男性会社員は、宇城総合病院(宇城市)の入院患者で、1日に感染が判明した患者と同じ病棟に入院していた。同じ病棟に勤務する宇土市の30代の女性医療従事者の感染も判明。県は検査対象を別の病棟にも広げ、入院患者と医療従事者計約300人の検査を進める。同病院は、新規外来とリハビリテーションの受け入れを2日から当面休止している。

 菊池市の施設職員の50代女性と、荒尾市の80代女性、東京から帰省中の60代の男性会社員は、先に感染が判明していた同僚や家族の濃厚接触者だった。

 3日午前10時時点の入院患者数は、前日比4人増の205人(重症8、中等症60、軽症104、無症状29、確認中4)。病床稼働率は0・9ポイント増の48・8%。ホテルでの宿泊療養は15人増の65人。(飛松佐和子、中尾有希)

熊本県内の新型コロナウイルス感染状況一覧
※集計時間が異なるため、記事とは人数が違う場合があります。

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note