重箱彩る数の子、黒豆…おせち作りピーク 熊本市の日本料理店 

熊本日日新聞 | 12月31日 07:50

重箱に盛り付けられるおせち料理=30日午後、熊本市中央区

 正月を目前に控えた30日、熊本市中央区の日本料理店「和色 亀八」では、おせち作りが大詰めを迎えた。従業員やアルバイトら約10人が、数の子や黒豆など約40品目を手際良く盛り付け、重箱を鮮やかに彩っていった。

 180個を予約販売。食材には、天草産の魚介類や京野菜などを使用し、京都の伝統的なおせち料理に仕上げた。

 同店の中村優代表(47)は「新型コロナウイルスの影響で新年を自宅で過ごす人が多いのか、注文が多かった。おせちを食べて良い年にしてほしい」と話していた。(後藤仁孝)

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note