阿蘇ロック、10月23、24日に南阿蘇村で 泉谷さん、今回で勇退

熊本日日新聞 | 2021年04月15日 11:00

開通前の新阿蘇大橋で、「くまモンダンス部」などが歌やダンスを披露したライブ映像の一場面(テトラカンパニー提供)

 「阿蘇ロックフェスティバル」を主催するテトラカンパニー(東京)は14日、5回目の同フェスを10月23、24日に熊本県南阿蘇村の県野外劇場アスペクタで開くと発表した。発起人の歌手、泉谷しげるさんをはじめ、16組程度のアーティストが出演する見込み。

 泉谷さんは今回限りでの同フェス勇退を表明しており、「新阿蘇大橋も開通した区切りで、オレは阿蘇ロックを若いアーティストに引き継ぎたい。よろしくな!」とコメントを寄せた。

 阿蘇ロックは2015年、阿蘇中岳の噴火で風評被害を受けた阿蘇地域を活性化させようとスタート。翌年の熊本地震後も復興を後押ししてきた。

 今年は国道57号復旧や新阿蘇大橋開通など復興進展をアピール。14日開設した公式ホームページでは、開通前の同橋で撮影したライブ映像のショートバージョンを配信。熊本の若手バンド「Shiki」や「くまモンダンス部」など3組が演奏やダンスを披露している。フルバージョンは5月28日から有料で配信する。

 フェスティバルの出演者や時間などは後日発表する。(平澤碧惟)

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note