太公望 春の渓流へ 熊本県内でヤマメ釣り解禁

熊本日日新聞 | 2021年03月02日 14:00

ヤマメ釣りが解禁され、早朝から川辺川上流で釣りを楽しむ太公望=1日午前7時15分すぎ、八代市泉町

 熊本県内の河川で1日、ヤマメ釣りが解禁され、待ちわびた太公望たちが、日の出とともに一斉に渓流へと繰り出した。

 川辺川源流域の一つ、八代市泉町の五家荘の民宿には、前夜から訪れた愛好家の姿も。夜が明け、空が白み始めると「渓流の女王」と呼ばれるヤマメを求め、思い思いのポイントでさおを振っていた。

 解禁日に毎年訪れるという熊本市中央区の会社社長江崎正司さん(67)は、午前中に15匹を釣り上げたが「今年は水温が低いせいなのか、いまひとつ食い付きが悪い」と話していた。漁期は9月30日まで。(高見伸)

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note