九産交社長に森常務 副社長に岩間氏 矢田社長は会長に

熊本日日新聞 | 2021年02月27日 10:10

 九州産業交通ホールディングス(HD、熊本市)は26日、社長に森敬輔常務(64)が昇格する人事を内定した。矢田素史社長(59)は代表権のない取締役会長に就く。

 矢田氏が、親会社の旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)の最高財務責任者に就任するのに伴う人事。副社長にはHISホテルホールディングス社長の岩間雄二氏(50)を新任する。26日に開いた九州産交HDの取締役会で決定。いずれも4月1日付で就任する。

 森氏は九州産交バスの社長も務めており、九産交グループの中核であるバス事業を担当。ほかのバス事業者と連携し、熊本都市圏の路線網再編などに取り組んだ。九州産交バスの社長には産交バス社長の岩崎司晃氏(56)が就く。(中原功一朗)

森 敬輔氏(もり・けいすけ)長崎大卒。リンガーハット執行役員経営企画部長などを経て、04年九州産業交通顧問・経理部長。08年から常務取締役。10年6月から九州産交バス社長も兼務。長崎県出身。

岩間 雄二氏(いわま・ゆうじ)HIS執行役員中部営業本部本部長などを経て、19年1月から現職。川崎市出身。

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note