原子力防災訓練で、避難所の「県立あしきた青少年の家」に入る鹿児島県阿久根市の住民ら=9日、芦北町

 九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の事故を想定した防災訓練が9日、同県を中心に約5千人が参加してあった。阿久根、出水各市の計約100人が、県境を越えて熊本県芦北町や水俣市に避難する手順を確認した...​

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note