旧優生保護法の強制不妊で熊本県内の男性ら提訴

熊本日日新聞 | 6月28日 13:00

旧優生保護法下で不妊手術を強制されたとして、国を相手に提訴するため熊本地裁前に立つ男性(左から3人目)と弁護団=28日午前、熊本市

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害などを理由に不妊手術を強制されたのは、個人の尊厳や幸福追求権を定めた憲法に違反し、救済や補償の措置を怠ったとして、県内在住の渡辺数美さん(73)が28日、国に...​

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube