水俣病患者の思い、文学に紡ぐ 「苦海浄土」弱者に寄り添う 石牟礼道子さん

熊本日日新聞 | 2月11日 09:37

 10日に亡くなった石牟礼道子さんの代表作「苦海浄土[くがいじょうど]」には、母親の胎内でメチル水銀の被害を受けて生まれた胎児性水俣病患者が登場する。体が不自由な胎児性患者は、自分たちの思いを文学とし...​

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube