アマビエの土人形人気 天草市民らが手作り、ビッグ版も

熊本日日新聞 | 11月23日 18:00

image
しもうら弁天会が4月から制作しているアマビエ(中央)と、新作のビッグアマビエを手にする同会のメンバー=天草市

 疫病を鎮めるとされる妖怪アマビエの天草土[どろ]人形が人気だ。4月から熊本県天草市下浦町の住民でつくる「しもうら弁天会」が制作。県外からも購入者が工房を訪れるほどで、会は好評に応えて大きいサイズも作り始めた。

 同会によると、アマビエの土人形は、愛らしい姿が評判を呼び、これまで観光施設や購入希望者に1579体を納入したという。

 現在は、高さ6センチの従来品(2750円)に比べて大きい、高さ8センチの中(3850円)、高さ9センチの大(4950円)も制作。25日に、県伝統工芸館やインターネットで発売する。大中小のセットは1万円。

 22日は、工房でメンバー10人が新型コロナの早期収束を祈願した。宗像桂子副会長(66)は「アマビエを見て感染防止に努め、収束につなげてほしい」と話す。

 会は3年前から、伝統工芸の天草土人形を基に、メジロがモチーフの「めじろおし」などの玩具の制作と販売を手掛けている。しもうら弁天会TEL090(9587)7589。(米本充宏)

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note