同世代の農家仲間と出荷前の「一勝地梨」が入った箱を持つ毎床智和さん(左)。一勝地果実協同組合の販売部長を務める=2日、球磨村

 「一個も無駄にしちゃいかん」-。熊本県球磨村三ケ浦の毎床地区で、特産の「一勝地梨」の出荷が始まった。豪雨から1カ月。道路は寸断され、選果場も被災したが、丹精込めたナシの木はみずみずしい実を付けてくれ...​

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note