「くまもと友救の会」を中心とするボランティアの力で重機を使った災害ごみの分別撤去が進む人吉市下新町の“置き場”=2日、人吉市

 豪雨から1カ月。復旧の“足かせ”になっているのが、大量に発生した家具や家電、畳などの災害ごみだ。市町村が設けた仮置き場まで運ぶための人手や車の不足に加え、被災者にはごみの分別が負担に。不法投棄も増え...​

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note