菊池事件国賠訴訟の判決を受け、支援者らの前で「特別法廷を断罪」の垂れ幕を掲げる弁護士=26日午後2時5分ごろ、熊本市中央区の熊本地裁前(後藤仁孝)

 1952年に県北で起きた殺人事件で、ハンセン病患者とされた男性が隔離された「特別法廷」で裁かれ、無実を訴えたまま死刑となった「菊池事件」を巡り、検察が再審請求しないため精神的苦痛を受けたとして、元患...​

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note